調剤薬局が提供する診療報酬に関する解説するサイト

検査差益とは

検査差益とは一体どういったものなのでしょうか。それを知るためには、まず病院などの医療機関が検体の検査をどのように行っているかを知ると、分かりやすいでしょう。医療機関などで患者から採取された血液などの検体の検査は、検査ごとに診療報酬が定められています。診療報酬は、医療費分配で効率化の観点から医薬品や医療材料、検査などは『もの代』として市場実勢価格を反映して決められます。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

ほとんどの検査は、検体を採取した医療機関内で行われるのですが、登録衛生検査所や医師会検査センターなどの検査委託期間に検査を外注することもあります。実は、検査を医療機関外で行うと、検査受託機関が検査料金を割り引いた場合に保険医療機関の儲けが発生します。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

これが検査差益というものです。日本臨床検査委員学会を含む臨床検査関連6団体協議会からは「医療制度改革における検体検査の取り扱いに関する要望書が提出されていて、その中には検査差益の記載があります。医薬分業が進んで薬価差益がなくなり、医療機関の儲けは確実に減っています。薬価差益とは、薬を安く仕入れて高く売り、利益を発生させるもので、医療機関で薬を処方していた時代には、病院の利益の大部分を占めていたと言われています。薬価差益で収入が見込めない今、その役割が検査差益に移ったのではないかと指摘されています。

 

薬剤師 就職