調剤薬局が提供する診療報酬に関する解説するサイト

診療報酬請求事務能力認定試験

診療報酬請求事務とは、レセプト(診療報酬明細書)を作成することや集計などを行う仕事をいいます。医療費の一部は患者が窓口負担金を支払い、残りは保険機関が支払うようになっています。この保険機関に出す請求書のことをレセプトと呼んでいます。レセプトは月に1度だけ集計され、1か月分をまとめて保険機関へ提出されます。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

以前は手書きレセプトを作成していましたが、最近ではレセプトコンピュータを導入している医療機関が増え、毎日の業務はほとんどコンピュータを使用して行われるようになりました。レセプトを提出する期限間際である月末月初には出力したものをチェックする業務に追われます。パソコンでの作業が中心となるのでそうしたパソコン操作はもちろん、電卓も得意だと仕事がはかどりやすくなります。診療報酬請求事務能力検定試験は、診療報酬請求事務に携わる人の脂質の向上を図るため、厚生労働省認可の財団法人日本医療保険事務協会が実施する全国一斉統一試験になります。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

医療事務系の試験は数多くありますがその中でもよく知れており、信頼できる試験だと言われています。事務と医療の2種類があり、事務の合格率は大体20%台、医療に関しては40%台と決して簡単とは言えません。診療報酬請求事務能力認定試験に公開模試や受験対策セミナーなどに参加して試験に備えておくと良いのではないでしょうか。また、通信教育でも講座が開かれているので、活用してみてはいかがですか?

 

薬剤師国家試験