調剤薬局が提供する診療報酬に関する解説するサイト

診療報酬明細書

診療報酬明細書とは、よく聞くレセプトのこと。患者は医療費を払う時、全額ではなく一部だけ負担します。残りの医療費は加入している保険機関が支払うようになっていて、その請求明細書のことを指しています。診療報酬明細書には診療にかかった費用だけではなく、氏名や保険の内容、診療の内容などが、こと細かに掲載されています。診療報酬明細書は患者ごとに月単位で作成され、患者の個人情報に加えて、診療した病院名や住所などの請求元の情報や、検査、薬、注射などの処置に対する点数が記載されています。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

処置に対する点数は決められていて、月に1度点数の合計を計算し、保険機関に送って医療費を請求します。前月の診療分は翌月10日までに診療報酬明細書を提出しなくてはいけないので、ほとんどの医療機関がこの日を基準として作業を行っています。以前は紙に手書きで行われて今いたが、最近では電算化が進み、パソコンで簡単に作業を行えるようになりました。医療機関が生活保護受給者を診察した場合には、不正請求を防ぐために行政機関から診療報酬明細書のチェックが入ります。しかし、必ずしもそうしたチェックが完全とは言い切れないのが現状です。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

医療機関からの不正請求や過誤請求、水増し請求などが行われた場合には、そのまま支払いがされる可能性が高いために、不正の温床となるのではと問題視されています。

 

薬剤師 転職